ニキビ跡 予防

title
ニキビが治っても悩むのがニキビ跡。ニキビ跡の予防にはビタミンCやソフトピーリングなどをお手入れすると効果的となります!

ニキビ跡の予防はピーリングやビタミンC誘導体でケア!

大人ニキビの予防にオススメの洗顔料
ニキビ跡や炎症ニキビはセルフケアで対応できる!

ニキビが治っても肌トラブルとして残るのがニキビ跡。痕跡には種類がありシミタイプから赤みが残るタイプとあります。また最悪なのが陥没ニキビとし残ることがですが、これはセルフケアではどうにもなりません。最悪の状態にしないようにしっかりとお手入れをしておくことが大切です。

ニキビ跡のセルフ・ケアとしてはソフトピーリングやビタミンC入りの化粧水を使ってお手入れするのが有効となります。メラニンの活性化を防ぎ、色素沈着を防ぐ作用があります。ピーリングは古い角質を剥ぎ取る働きもありますので、シミなどのようなニキビ跡は有効です!

炎症ニキビにはビタミンC誘導体が最適。ビタミンCには肌を整える作用があり抗炎症作用もあります。ビタミンC誘導体を使う時には真皮の深くまで浸透させるとより効果が高まりますので、イオン導入を行ったり、APPS配合化粧水を選択して高浸透させることも意識しましょう!



ニキビ跡・炎症ニキビの両方に有効なビタミンC誘導体

ニキビ有効成分として良いのがビタミンC誘導体。これは肌への吸収率を高めたビタミンCとなっており、非常に優れた美容成分として、多くの専門家も推奨しているものです。一般的なものは水溶性タイプとなるのですが、肌への浸透率が少し弱いのがネック。そこでイオン導入を行うことで真皮深くまで浸透させることができます。

他には新型ビタミンC誘導体であるAPPSと呼ばれる種類であれば、イオン導入を行わなくても同等レベルの浸透力を誇ります。コストをかけたくない場合はAPPSを採用している化粧水を選ぶようにしましょう!

⇒APPS配合の化粧水【サイクルプラス】